kuma かそつーblog

仮想通貨、NFT、ブロックチェーンゲームなど

大注目NFTプロジェクト The Mafia Animals(TMA)とは!?

はじめに

現在国内のNFTプロジェクトに注目が集まっています。
言わずと知れたNINJA DAOが手掛けたCryptoNinja Partners(https://www.ninja-dao.com/cnp)を筆頭に、OpenSeaのランキング上位に食い込む国内PJが増えていってます。
最近では、10月30日にミントされたAopanda PartyがOpenSea世界一をとって話題になりました。

では、次にアツい、魅力的ま国内プロジェクトは何か?
私は、The Mafia Animals(TMA)を激推しします!

twitter.com

The Mafia Animals(TMA)とは?

The Mafia Animals(TMA)に関してはほかのブログや公式サイトでも紹介されているので簡単な紹介とします。

mafia-animals.com

  • 「Crypto Ninja」のキャラクターデザインを担当されたRii2さんが立ち上げたプロジェクト
  • TMAコレクションは[マフィア×動物]をテーマにしたもので全て手描きで世界に1点しかないNFTアート。
  • トータルボリュームは27.9ETH。直近では、幹部No.025 ワルフがなんと8ETHで購入されました。

TMAの魅力とは?

TMAのどこが魅力的なのか?
それは、コミュニティに尽きると思います。 TMAのディスコードメンバーは2022年10月時点で2,200人以上が参加しており、さまざまな業種の方が活動しています。

マフィアンコミュニティといえば、掟。シチリアのマフィアの血の掟が有名です。
血の掟は、入団時にファミリーを守るために交わされるもので、破れば親友の手で地獄行きと言われるほど厳しいものです。
TMAもマフィアですので、厳しい掟があります。

それは・・・・、
「Entertain not only yourself, but everyone. - 己だけでなく、皆も楽しませる - 」
というものです。

めちゃめちゃ厳しい掟ですね☺
ディスコード内では様々なチャネルが用意されており、いろいろな方が自分だけでなくみんなを楽しませるために日々活動しています。 その中のいくつかを紹介してみようと思います。

TMA通信

TMA隊長のシノ【shino】さんがTMA通信を発行してくれてます。
TMAファミリー内での出来事や、幹部の情報などを紹介してくれてますので、TMAファミリーの関する出来事を見ることができます。

TMA検定

TMA検定では、TMAに関する問題に回答し満点合格することでなんと!記念NFTをもらうことができます。
難易度がBronze -> Silver -> Goldとあり、Goldはかなりの難易度です。 ただ、何回でもやり直し可能なので合格するまでチャレンジできます。
私も何回もチャレンジして制覇しました。 問題は、TMAのキャラクターや歴史に関する内容なのでディスコードや公式サイトを見ることでTMAファミリーに関する理解を深めることができます。

fan-art | ファンアート

TMAファミリーのキャラクターに関するファンアートを投稿するチャネルです。
非常にレベルが高く、愛のあふれるファンアートがどんどん投稿されます。

food | 構成員専用食堂

TMAファミリーが自分で作った料理や食べた料理を紹介するチャネルです。
深夜には見ないようにしましょう。危険ですw

・・・と、これでもほんの一部です。 いっぱいありすぎて全部は紹介できないので、知りたい方はぜひTMAのディスコードへ!

discord.gg

ボット作成サービス「Boto.io」で、最速情報察知!

はじめに

NFTをやっていて避けては通れないのが、DiscordとOpenSeaです。
情報のやり取りはDiscordで行うのが基本ですし、最近いろいろなマーケットプレイスが出てきていますがNFTの売買は主流はOpenSeaでしょう。
OpenSeaではNFTのリスト、売買が盛んにおこなわれており、値動きもかなり激しいです。
そのため、フロア価格がこれぐらい下がったら買おうかな、と思っていても気づいたら下がって上がって変えない価格にということもよくあります。
今回は、OpenSea内の情報の変化をプログラムを描くことなく、無料でDiscordに自動的に通知する[Boto.io]というサービスと簡単な使い方を紹介します。

Boto.ioとは?

Boto.ioはボットを作成するサービスです。
コードを書くことなくブラウザ上の操作のみでボットを作成することが可能です。
ボットを作成するだけでなく、動作させることもできるので無料でボットを作成し起動までしてくれるまさに神サービスですね!

利用方法

Boto - Join the Bot Democratization Movement

にアクセスし、Googleアカウント連携で認証すれば使えるようになります。
Sign Upすれば任意のメールアドレスでアカウント作成することも多分可能。

ボット作成方法

BotoverseにボットのテンプレートとなるRecipesがあるため、これを使えば簡単にボットが作成できます。

例えば、NFT Whale Sales/Purchases to DiscordのRecipesを使ってボットを作ってみます。 Use This Recipeをクリックする。

説明が出るので、Use This Recipesをクリック

こんな感じでボット作成の画面になります。
Boto.ioではボットはいくつかのBlockに分かれており、例えばBlockをTrigger Block→Filter Block→Action Blockのように組み立てて作成します。
何らかのTriggerが発生し、そのTriggerの条件に応じてFilterし、Actionを実行するという流れになります。

NFT Whale Sales/Purchases to Discordの場合は誰かがNFTを購入または売却したら、Discordの特定チャネルにメッセージを投稿するボットです。
左のNFT EventsはAddressTypeをAccountにし、Addressに監視したいウォレットアドレスを指定。
右側のDiscordのChannel IDに通知したいチャネルを設定します。

最初は通知したいチャネルが選択できないので、DiscordのChannel IDの+を選択してヘルプを見ながら通知できるChannelを設定します。
Discord Channelの追加は以下の公式サイトの通りに行えばOKです。

How to add Boto into Discord ? - Boto.io Knowledge Center - Confluence

ボットをSaveで保存した後は、スイッチをONにすることでボットが起動します。ボットを止めたいときはOFFにして下さい。

ボットをSaveで保存した後は、スイッチをONにすることでボットが起動します。ボットを止めたいときはOFFにして下さい。

ボットの稼働状況

ボットの稼働状況はダッシュボードで確認することができます。

Boto - Join the Bot Democratization Movement

日ごとのボットの実施状況を確認することができます。ボットがうまく動かない場合はダッシュボードでボットが失敗していないか確認してみましょう。

Chrome リモート デスクトップでAndroidスマホからPCを遠隔操作!

はじめに

普段PCに情報を集約していてスマホだと情報が取れなかったり、操作が難しかったりするとき用にAndroidスマホからPCを遠隔操作するやり方。 いろいろやり方はあるけれど無料で使えてGoogle製で安心感のある

https://remotedesktop.google.com/access/

を使ったやりかた。

PC側の手順

ここに書いてるまんまですが、以下の通りです。
同じGoogleアカウントでPCとAndroidスマホにログインしておき、PC側で以下の手順を実施。
途中、PCのパスワードとリモート接続用のPINを入力することになるので覚えておきましょう。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. アドレスバーに「remotedesktop.google.com/access」と入力します。
  3. [リモート アクセスの設定] でダウンロード ページをダウンロード をクリックします。
  4. 画面の手順に沿って、Chrome リモート デスクトップをダウンロードしてインストールします。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする - パソコン - Google Chrome ヘルプ

Androidスマホ側の手順

これも上記の手順に書いてある通り。Google先生はわかりやすい。
Androidスマホにアプリを入れて開くと、アクセスするPC名が表示されるので指定してPINを入れるとPCの画面をスマホで操作することができます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットChrome リモート デスクトップ アプリ Chrome リモート デスクトップ アプリ を開きます。アプリをインストールしていない場合は、Google Play からダウンロードしてください。
  2. アクセスするパソコンをタップします。グレー表示されているパソコンは、オフラインになっているか使用できません。
  3. パソコンの操作モードは 2 つあります。モードを切り替えるには、ツールバーのアイコンをタップします。
  4. 仮想マウスポインタで操作するには、トラックパッド モード トラックパッド モード をタップします。
  5. タップで操作するには、タップモード タップモード をタップします。

追加手順(Wake On LAN

このままだと、PC側は常に電源ONで接続可能な状態にする必要があります。
PCの電源落としていたために、肝心な時に接続できない!とならないようにWake On LANの設定をしておくとよいです。
Wake On LANはネットワークにつながってさえいれば、遠隔で電源をONにできるWindowsの機能です。
ただし、Wake On LANを利用するにはネットワークアダプターが対応している必要あり。
私のPCは対応してなかったです。死。 設定手順や注意事項はこの辺が参考になるかと思います。

デバイスマネージャー→ネットワークアダプター から実装しているネットワークアダプタを選択